国際線ビル(入国審査場)に名尾和紙を用いた日除けを設置しました【ご案内】

有明佐賀空港 国際線ビル2階の入国審査場に、佐賀県重要無形文化財『肥前名尾和紙』を用いた日除けが設置されました。

名尾和紙日よけ

今回使用された「肥前名尾和紙」は、有明海上空を飛ぶ県鳥カササギをイメージしたデザインが施されており、ガラス張りで開放的な施設の雰囲気を壊すことなく、日差し対策ができるよう有明佐賀空港に設置するために特別に制作いただいたものです。

佐賀へお越しになった海外のお客さまや、帰国された皆さまが入国審査を終えて「佐賀に来たんだな」「帰って来たな」とホッと暖かい気持ちになれるような、素敵な空間になっています。

また、建具の前には、実際に名尾和紙に触れることができるPRスタンドも設置しています。

有明佐賀空港国際線をご利用の際には、ぜひ佐賀の貴重な伝統工芸品に触れてみてください。

一覧へ戻る